美白の重要度って。日焼け止めなのか?それとも美白化粧品か?

肌のトラブルの大きな原因の一つが紫外線です。

紫外線が肌に届いてしまうとメラニン色素を作り出します。

本来ならばメラニン色素というのは肌を守ってくれる役割があるのですが、肌の調子が悪かったり、紫外線を浴び過ぎてしまうとメラニン色素を含んだ細胞がうまく入れ替わることができなくて、シミになって残ってしまうわけなんですよね。

ですから美白ケアをするために重要なのは紫外線を防ぐこと、つまり日焼け止めをしっかりと塗ることが大切だっていわれているんです。

そもそも美白化粧品というのは、肌に栄養を与えて新しくできるシミを予防してくれるものです。

つまり日焼け止めと美白化粧品はどちらが重要ということではなく、用途に合わせてうまく使いわけることが大切になります。

外に出る時など紫外線に注意しなければならない時は日焼け止めを使って、夜にお肌のケアをする時に美白化粧品を使うというように、肌を守るのと肌に栄養を与える時間帯を分けて考えていくと美肌に近づくことができるでしょう。